サトクダマキモドキだけど城野

腹部の右上にある肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や肝硬変等々色々な疾患の合併症を招く可能性があります。
めまいが確認できず、強い耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症するケースのことを「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」という病名で呼ぶケースもあるそうです。
内臓に脂肪が多いことによる肥満があり、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3個に相当するような様子を、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼ぶのです。
グラスファイバーでできたギプスは、ダメージに強くて重くないのにとても持ちが良く、シャワーなどで濡れても壊れずに使用できるという利点があるため、現在用いられているギプスの王道なのは間違いありません。
30才から39才の間に更年期が訪れたとすれば、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(POF)」という女性疾患のことを指します(この国の場合は40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい)」と言います)。
BMI(体重指数を計算する式はどこの国も共通ですが、数値の評価水準は国ごとに違いがあって、JASSOではBMI22を標準、BMI25以上を肥満、18.5未満であれば低体重と決めています。
塩分と脂肪の大量摂取はやめて自分に合う運動に尽力し、ストレスを溜めすぎないような暮らしを意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め防ぐコツなのです。
学校・幼稚園などの大規模な集団生活で、花粉症の症状のせいで友達と同時に外で元気に行動ができないのは、患者にとっても悔しいことです。
【保険金増額】損をしない交通事故の示談交渉方法です!
HMSの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上デカフェコーヒーを飲用することで、恐ろしい直腸癌の発症率を半分以上減らせたらしい。
クモ膜下出血とは9割近くが脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできる不必要なコブが破裂して出血することが要因となって起こってしまう深刻な病気なのです。
5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のメンテナンスや痛みの制圧、様々な覚醒などを司っていて、うつ病(単極性気分障害)の患者はその働きが鈍くなってることが明らかになっている。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)や股間、臀部などの部位に感染、もしくは定着してしまった感染症で簡単に言うと水虫のことです。
パソコン画面の強くて青っぽい光を抑えるPC専用のメガネがいま最も人気を博している訳は、疲れ目の対策にたくさんの人が四苦八苦しているからだと考えられます。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術としては現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス術」という2つの施術が一般的に採用されています。
クシャミや鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散している量に比例するかのように悪くなる性質があるようです。